コンプライアンスの遵守

行動規範・倫理コード

ウェルスナビは、コンプライアンス・マニュアルにおいて「行動規範」を定め、以下の項目毎に役職員が日常業務において守るべき規範を具体的に記載しています。

1)顧客に対する役職員の行動規範
2)顧客以外の取引先やその他機関に対する当社の行動規範
3)出資者に対する当社の行動規範
4)社会に対する当社の行動規範
5)より良い企業風土を作るための当社の行動規範
6)組織の一員としての行動規範
また、役職員が業務を遂行する上での基本的な心構えとして「倫理コード」を定め、その遵守を宣言しています。

倫理コード

コンプライアンス管理体制

当社は、コンプライアンス経営を徹底するため、以下のコンプライアンス体制を整備しています。

コンプライアンス管理体制図

コンプライアンス管理体制図

コンプライアンス・プログラム

ウェルスナビは、金融機関として、従業員の一人ひとりが常に高いコンプライアンス意識を持つことが重要であると考えています。

そのため、入社時には必ず新規入社者研修として「コンプライアンス・マニュアル」に基づく研修を行っており、業務を遂行する際に必要となる法令の周知をはじめとしたコンプライアンス意識の向上を図っています。

また、新規入社者研修とは別に、毎年その時勢に応じたテーマを設定し、個人情報保護、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与、情報セキュリティ等に関する研修に加え、理解度を確認するための習熟度テストを実施しています。

従業員一人ひとりが常に高いコンプライアンス意識を持ち、社内にコンプライアンス意識が醸成されるよう継続的な研修を実施しています。

コンプライアンス・ホットラインの設置

ウェルスナビは、不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライアンス経営の強化に資することを目的として「内部通報規程」を定め、従業員等から組織的または個人的な法令違反・会社規則違反等に関する相談または通報に対する「内部通報窓口」を設けています。内部通報窓口には、「社内窓口」と「外部窓口」を設けており、通報者はどちらも利用することができます。なお、内部通報規程には、「通報者の相談・通報を理由として、通報者に対して不利益な取扱いを行ってはならないこと」及び「通報者の秘密に配慮しなければならないこと」が規定されています。
また、職場の人間関係や心身の健康相談、ハラスメント等についても、「内部通報窓口」とは別に「相談窓口」を設けています。

これらの窓口については、入社時のコンプライアンス研修等にて周知しています。

内部通報制度のフロー図

内部通報制度のフロー図

顧客資産の適正な分別管理

ウェルスナビは、適切な分別管理体制を構築しており、お客様よりお預かりしている資産と当社固有の資産を、法令に従って明確に区分して管理しています。
また、「有限責任 あずさ監査法人」に、日本公認会計士協会が定める業種別委員会実務指針第54号に準拠した「顧客資産の分別管理に関する法令遵守の監査」を依頼しています。当該監査法人より、2021年12月31日現在において、当社は法令を遵守して分別管理を行っている旨の「保証報告書」を受領しています。

顧客資産の分別管理監査について

さらに、分別管理体制を含めて、どのようにお客様の資産を守っているのか、お客様向けに「WealthNaviの安心・安全への取り組み」を公表しています。

WealthNaviの安心・安全への
取り組み

公正な金融取引の徹底・マネー・ローンダリング・テロ資金供与対策(AML/CFT)

ウェルスナビは、マネー・ローンダリング及びテロ資金供与(以下「マネロン等」といいます。)対策の重要性を認識し、「マネロン等防止に関する基本方針」を制定、公表しています。

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与防止に関する基本方針

また、毎年、従業員に対してマネロン等に関する研修を行っており、マネロン等防止の重要性や最近の事例・傾向について共有しています。

マネロン等防止は経営上の重要な課題であり、当社がマネロン等に利用されることがないようリスクベース・アプローチに基づく実効性のある未然防止態勢の強化に向けて取り組んでいます。

反社会的勢力との取引の排除

ウェルスナビは、反社会的勢力との取引を一切排除するため「反社会的勢力に対する基本方針」を制定、公表しています。当社は、反社会的勢力からの要求に対して毅然とした態度で臨みます。

反社会的勢力に対する基本方針

贈収賄等の防止

ウェルスナビは賄賂・腐敗防止に取り組んでおり、「コンプライアンス・マニュアル」において、職務上接触する様々な組織や個人との関係を、「公正」かつ「透明」なものとしなければならないと規定しています。

具体的には、常識の範囲を超える贈答・接待等を受けることを禁止し、それらを求めることも禁止しています。また、利害関係の公務員等との関係においては、贈答・接待等を禁止しています。

さらに、これらのルールを社内に周知徹底するため、定期的に従業員への研修を実施し、賄賂・腐敗防止の徹底を図っています。

インサイダー取引の防止

ウェルスナビは、インサイダー取引を未然に防止し、社会的責任を果たすことを目的として、インサイダー情報の管理方法や従業員による株式等取引に関する行動基準等を定め、法令遵守の徹底に努めています。

また、インサイダー取引に関する規程とは別に、従業員が業務上取得する法人関係情報についても管理方法等を定めており、その情報を利用した不公正取引の防止に努めています。

利益相反防止に向けた対策

ウェルスナビのサービスは、お客様の利益と当社の利益の方向性を一致させるために、預かり資産額のみに連動した手数料設定としています。

また、当社は、お客様の利益を不当に害することがないよう「利益相反管理方針」を定め、その概要を公表しています。

利益相反管理方針の概要

具体的には、コンプライアンス部門を「利益相反管理統括部署」とし、利益相反のおそれのある取引を一元的に管理するとともに、利益相反のおそれがある場合には防止対策を行うことにより適切に管理しています。また、利益相反管理について従業員に対し周知・徹底を図り、利益相反管理に必要な体制を整備しています。