代表挨拶

代表取締役CEO 柴山 和久 代表取締役CEO 柴山 和久

Our Mission働く世代に豊かさを

ウェルスナビは「働く世代に豊かさを」というミッションのもと、日本の働く世代の豊かな老後に向けた資産形成をサポートしています。

2015年4月、私はウェルスナビを創業しました。そのきっかけは同じ家族の中での日米の金融格差でした。あるとき、アメリカ人である妻の両親と、日本人である私の両親には、退職後の資産に10倍もの差があることを知りました。

2015年4月、私はウェルスナビを創業しました。そのきっかけは同じ家族の中での日米の金融格差でした。

あるとき、アメリカ人である妻の両親と、日本人である私の両親には、退職後の資産に10倍もの差があることを知りました。

アメリカ人の妻の両親は若いときから20年以上、専門のアドバイザーに資産運用を任せ、「長期・積立・分散」による資産運用を続けてきた結果、富裕層の仲間入りをしました。その一方で、日本人である私の両親の金融資産はほとんどが預金でした。

もしも私の両親が若いときから、安心して資産運用を任せられる環境が整っていれば、もっと多くの資産を築くことができたはずです。日本全体も今よりもっと豊かになっていたことでしょう。このような日米の金融格差に衝撃を受けた私は、誰もが安心し信頼して利用できる、おまかせで高品質の資産運用サービスを日本で立ち上げようと決意しました。

もしも私の両親が若いときから、安心して資産運用を任せられる環境が整っていれば、もっと多くの資産を築くことができたはずです。日本全体も今よりもっと豊かになっていたことでしょう。

このような日米の金融格差に衝撃を受けた私は、誰もが安心し信頼して利用できる、おまかせで高品質の資産運用サービスを日本で立ち上げようと決意しました。

いま、日本では終身雇用が当たり前ではなくなり、退職金に頼れなくなっています。また少子高齢化に歯止めがかからず、将来の年金への不安も高まっています。こうしたことから、将来に備えて自分自身で資産形成をしたいという切実なニーズを感じる方が増えています。

いま、日本では終身雇用が当たり前ではなくなり、退職金に頼れなくなっています。また少子高齢化に歯止めがかからず、将来の年金への不安も高まっています。

こうしたことから、将来に備えて自分自身で資産形成をしたいという切実なニーズを感じる方が増えています。

一方で多くの方々が「どのように資産運用をすればいいかわからず、信頼できる相談相手もいない」といった悩みを抱えています。私自身の経験に照らしても、日本では資産運用について、家族や友人など周りに相談する機会は多くありません。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、こうした方々の悩みに応えるサービスです。投資の経験や知識、資産の額に関係なく、世界水準の資産運用を手軽に行うことができます。私たちは、エンジニアやデザイナーがメンバーの約半数を占める「ものづくりする金融機関」としてサービスを改善し続けており、アプリも高い評価を得ています。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、こうした方々の悩みに応えるサービスです。投資の経験や知識、資産の額に関係なく、世界水準の資産運用を手軽に行うことができます。

私たちは、エンジニアやデザイナーがメンバーの約半数を占める「ものづくりする金融機関」としてサービスを改善し続けており、アプリも高い評価を得ています。

創業以来、多くの方々に支えられ、「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、預かり資産・運用者数No.1ロボアドバイザー(※)として成長し続けています。

私たちは、全国の津々浦々で、誰もが安心し信頼して任せられる次世代の金融インフラとなることを目指しています。今後も「働く世代に豊かさを」というミッションを共にする提携パートナーと手を携えながら、皆様の豊かな人生をサポートしてまいります。

2020年10月 ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山 和久 ウェルスナビ株式会社 代表取締役CEO 柴山 和久

※一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2020年3月末現在)『ラップ業務』『投資一任業』」を基にネット専業業者を比較 モーニングスター社調べ(2020年7月時点)